桜新町 ラポール歯科クリニック 無痛治療

無痛治療に対する想い

歯科治療での痛みは我慢の出来るものではありません。麻酔をすれば、基本的に痛みの大部分は除去できるのですが、そもそも麻酔の注射自身が痛いという問題があります。患者様に痛みに対する不安やストレスを感じさせることなく、安心して治療へと臨んで頂く為に、当院では、麻酔の際、痛みの少ない麻酔器を使用しています。

痛くない麻酔

「麻酔って痛そうで怖い……」そんな風に思われている方は多いと思います。当医院では、電動麻酔器「ORASTAR(オーラスター)」を導入しております。この麻酔器は、圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔ができます。また、歯ぐきの表面に塗る「表面麻酔」を行ってからこの麻酔をしますので、より安心です

無痛治療の4つのポイント

@表面麻酔
歯茎に針を刺す前に、ゼリー状の表面麻酔を行います。 表面麻酔を行うことにより、麻酔注射の痛みを限りなく軽減する事ができます。
A極力細い針の使用
歯肉に針を刺すときに痛みを感じないように 使用できる最も細い針を使用することで、麻酔注射の痛みを抑えます。
B麻酔薬 トリッジウォーマー
麻酔薬の温度を体温と同じぐらいにすることで、麻酔薬が体内へ入る刺激を減らすことができます。
Cハイテク電動麻酔 オーラスター
電動で麻酔液をゆっくり注入することにより痛みを軽減させます。

オーラスター

オーラスター

麻酔薬の量が 1.0ml と 1.8ml のカートリッジがあり使用部位ごと選択し患者様一人ひとりの使いきりになっています。その為誤使用が防げることも安心です。

page top

サイトマップ/お問合わせ