2021年 4月 の投稿一覧

勝手が違うと緊張感増し増し‼️さらなる処置も依頼‼️

桜新町の歯医者、ラポール歯科クリニック院長の栗田でございます‼️

昨日は自分の診療所が終わってからお手伝いしている医院さんへ出張。行きの電車で頭をオペモードへ、、、

イメージ、イメージ。

オペに際して承諾書にサインをもらい、処置に入る。スタッフは僕と長く仕事をしている右腕。安心して進めますね。

フラップを開けるも、抜歯窩の治癒が予想外に悪い、、、こんな時こそ瞬間的な判断が予後を左右する。これが、画像や模型、事前に準備した資料ではわかりかねる外科処置あるある。

いったん手を止めて、頭の中を再構築、この何気ないこの判断を僕は重要と考えている。

よっし、これで行こう‼️違う種類の2本用意していたインプラントのより適した方を選択する。

時間で言うなら、数十秒の話である。

若い先生にはこのひとときを大事にしてもらいたい!と常々お伝えしている。

予定より深めの埋入となったが、初期固定もまずまず、問題ないでしょう。

終了。

患者さんもストレスなく処置を受けれた、と話して頂き、安心しました。僕とは初めてお会いした方だし、、、

終わったらすぐに、インプラントのねじ止めが折れて被せ物がとれたとの患者さん。

うぅ、厳しい。ねじ止めのスクリューが折れる事は頻繁にあるケースではない、勤務医の先生が一度除去を試みたようだが、、、、、

インプラント内部のネジ山が、、、、

僕が私物でたまたま持っていたスクリューを加工し、なんとか、締め込む。

どうだ?デンタル、、いいんじゃないかな、、、

注意深く、経過を診て欲しいとカルテ記載。

終了。

インプラント関連ばかり拝見した。ただ医院さんによってユニットの配置、種類も様々な為、動きがスムーズにいかない事が多く感じられた。反省点ではある。訪問診療でもそうだが、慣れ親しんだ機械、整ったシステムが担保できないとどんだけ治療がやり難いか!僕の理想の歯科医師像はどんな状況でも診療所と同じ結果を出す事である。

まだまだ、修行が足りない。終わりなき修行の日々が続く。

 

 

骨にも様々なタイプが有るのですよ❗️同じ体の中でも❗️

桜新町の歯医者、ラポール歯科クリニック院長の栗田でございます❗️

インプラントを処置される先生ならお分かりでしょうが、処置する方によって骨の硬さや、タイプが全然違うんです。なかなか術前でどのタイプに属するか?までは見当がつかない、、、、、歯茎を開き最初のドリルがタッチした瞬間までは。

ましてやインプラントは抜歯した後に処置するケースがほとんど、抜歯後の治癒の違いも顕著。この二つの違いを瞬時に判断して埋入する位置の微修正、埋入後の治癒期間も決定する。

また埋入時の初期固定には僕自身とてもこだわっています。

 

初期固定や即時埋入に有効なインプラントが、使用しているインプラントメーカーから発売されているのを知り知識を広めてみた。

凄いゲジゲジしてるな、、、、見ただけで初期固定凄そう。

僕は既存骨を最大限に活用したいタイプの打ち手なのでとても興味が湧きました。しかも6ミリから有るのが有難い。バイコンみたい、、、、ショートタイプ、、骨が少ないとこでも、、、、

GBRの必要性は十分に理解しているつもりですが、、、、

製品の進歩は日進月歩である、今まで二の足を踏んでいたケースでも光が見えてくる。

本当に素晴らしい事であるし、メーカーは凄いな!

色々な歯科医師がおります‼️幅があるなぁ?といつも感じます‼️

桜新町の歯医者、ラポール歯科クリニック院長の栗田でございます‼️

僕はコミュニケーションツールとしてLINEを主に使用しております。中には、メールのやりとりだけの方もおります。LINEのグループメンバーには研修医時代のグループがあり、歯科界のトピックについて情報交換する場になっております。非常に助かっております、、、、

個人的にやりとりを頻繁にする歯科医は現在、4人程おります。年齢は様々ですが、同年代が1人、後は全て年下の先生方です。

内容は様々で勤務組織について、一緒に働くスタッフに関して、材料、治療機械、もちろん治療技術に関しても、多岐に渡ります。

そのそれぞれの相談、悩みに対して、年下の先生なら、若い頃を思い出して返答し、同年代なら開業医としての気持ちを綴り、返答。

そのどれもが、理解できる問題ではありますが、働く場所や先生のレベルにより様々であるし、興味深いものである。

中には歯科医師としての僕の精神論や、医療観を伝える事もあり、真剣に返答しています。

そんな時にいつも感じるのは、あの頃、僕は誰もいなかったなぁ!です。目指すべき目標であるドクターはおりましたが、その方は多弁な方ではなく、とても静かな先生でありましたから。

じゃあ、どうしてたの?本でした。本が僕を助けてくれました。歯科関係の本ももちろんですが、一般的な本屋さんに並んでいる本もです。

メンタルが落ちた時などは、前向きになる本を読み自分自身で高める。その繰り返しでした。

以前勤務の長いスタッフからは、先生!先生は人がよすぎですよ!先生はご自身で講習費用を払って習得して来た技術なんですから教えるならお金をいただいた方がいいですよ!と、、、、、確かにそうだが、、、

今後もすぐ教えちゃうこのスタイルは変わらないだろう、僕には確固たる思いがある。スケールは小さいがお困りの方々がその先生に出会ったら、より救える方が増えるという事、もひとつはその先生が習得したとしてもいつまでも僕を上回ることは無いだろうと言う思いである。僕自身も常にバージョンアップしているのだから、、、、

歯科医は卒業してからがとてつもなく重要なんです。一人前になるまで通常の仕事より時間がかかる商売だと思います。大学も6年もいかなきゃならないし、今は研修までしないといけない、、、

歯医者になってからが本当の勝負です。国家試験受かったら勝負開始ですよ。

インプラントのオペが沢山あり、頭が混乱ぎみです‼️

桜新町の歯医者、ラポール歯科クリニック院長の栗田でございます‼️

新しい生活が始まった方々も多い季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

僕の臨床ではインプラントの処置が立て込んでおり、準備等でバタバタしております。僕は自分の診療所で診療する傍ら、別の二件の歯科医院でも診療をしている為、その場所ごとにインプラントの処置があります。

中には、僕とは初見でインプラントオペをする事もあり、油断ならない環境です。ところかわれば、アシスタントスタッフも違い、スキル、使用する治療道具もそれぞれです。間違いはない様にと、必ず、自院のインプラントの治療道具を持参して他院さんに向かいます。インプラントオペだけを担当する、フリーランスの様です。

昨日は自院でのオペ、患者さんは既にインプラント治療の経験者であった。外資の医療関係のお仕事をされているのは知っていましたが退職され、リクルートをされていたとの事、、、、

再度、自院で使用するインプラントメーカーについて説明した瞬間、その患者さんから、その会社、とても知ってます!との事?

なんでや?

実は、僕、その会社の営業部長に誘われていて、、、、

えー!

だから、より理解が深まりました!と

まじかっ、こんな事ってあるんですね!最終的には他社に決定されたようですが、、、

学会、イベントには歯科メーカー各社が宣伝広告の為、ブースにて、製品説明などの個店を開く場合が多い。もしかしたら、自分の患者さんが、自院で使用するメーカーの個店にいたかもしれない、、、、ましてや、口腔内には僕が使用するメーカーのインプラントが入っている、、、

この複雑な状況は訪れなくなったが、びっくりする話であった。

次の日、僕の担当者が医院に来て頂いたが、その瞬間、あっ、この担当者の上司になるかもしれなかったんだな!あの方は、、、となんだか、複雑な気持ちになりました。